灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル

épisode.12 また明日――

épisode.11 生と死の間で

épisode.10 リーダーの器じゃないけれど

épisode.9 休暇の過ごし方

épisode.8 君との思い出に

épisode.7 ゴブリンスレイヤーと呼ばれて

épisode.6 彼女の場合

épisode.5 泣くのは弱いからじゃない。耐えられるのは強いからじゃない

épisode.4 灰の舞う空へ

épisode.3 ゴブリン袋には俺たちの夢がつまっているか

épisode.2 見習い義勇兵の長い一日

épisode.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ

このアニメを評価する

全然面白くない面白くない普通面白いとても面白い まだあなたは評価していません。平均評価は☆3.94です。
Loading...

灰と幻想のグリムガルのあらすじ

目覚めよ」という声を受けて目を覚ましたハルヒロは、自分がどこともしれない闇の中にいること、そして名前以外の何も思い出せないことに気付く。同じ境遇の12人が揃って外に出ると、そこは赤い月が照らす地「グリムガル」であった。

途方に暮れるハルヒロたちだったが、そこに現れた案内人に誘われた「義勇兵団レッドムーン」の事務所で、人類が魔物と戦っていることを知らされる。そして、この世界で生きていくために義勇兵となってその戦いに身を投じるか、街で細々と生きるかの選択を迫られた。

決断できないハルヒロを尻目にいち早く動いたレンジは、見込みのありそうなメンバーを誘ってパーティを組み、結果としてハルヒロたちは残された者同士でパーティを組むことになってしまった。

各々が義勇兵としての職業に就き基本スキルを習得し、何とか体裁を整えたハルヒロ達はグリムガルの大地での冒険へと旅立ったが、そこに待っていたのは過酷な現実だった――。

灰と幻想のグリムガルへのコメント

  1. 16

    匿名

    2016年2月22日 7:14 PM

    返信

    雰囲気はいいけど進むのストーリーの展開遅すぎない?

コメントを書き込む