昭和元禄落語心中 -助六再び篇-のあらすじ

昭和元禄落語心中」は雲田はるこさんが「ITAN」(講談社)で連載していたマンガ。「昭和最後の名人」と称される孤高の落語家・有楽亭八雲と、彼の落語に惚れ込んで弟子入りした与太郎を軸に描かれる、噺家の素顔と業が見どころで、2016年1月~4月には「与太郎放浪篇」「八雲と助六篇」を基にしたTVアニメ第1期が放送され好評を博した。 2017年1月からは、真打となり“助六”の名跡を継いだ与太郎の姿を描く第2期「助六再び篇」が映像化されることが発表されていた。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-へのコメント

コメントを書き込む